西田敏行が若い頃にゲットした妻・寿子さんの笑えない事実が発覚される‼

Pocket

 

NHK大河ドラマの主役や映画からバラエティー番組の司会で知られる西田敏行さん。病気や骨折などケガを多く患ったことや車いす生活が話題となっています。

そんな西田敏行さんの傍には必ず妻の存在がありました

この記事では、西田敏行さんの結婚した嫁について書いていきます。

西田敏行プロフィール

 


出典:bluesea0925.com

名前:西田敏行(にしだ としゆき)

出身地:福島県郡山市

生年月日:1947年11月4日

血液型:B型

学歴:明治大学農学部中退

職業:俳優、タレント

所属事務所:オフィスコバック

2016年2月に自宅のベッドから転倒し、頚椎亜脱臼で入院。同年4月に手術を受けたものの月末に胆嚢炎が発覚し摘出手術を受けていました。4ヶ月にわたる入院生活では常に西田敏行の妻の西田寿子さんが付き添っている姿がみられました。

西田敏行さんの結婚した嫁について!

 


出典:cinematoday.jp

西田敏行さんの結婚した嫁は、寿子さんという方。

寿子さんは、西田敏行さんが所属していた劇団『青年座』に研究生として入団し女優を目指していたそうです。

 


出典:トレンドニュース

その劇団生活の中で、西田敏行さんが寿子さんに一目ぼれ。

数か月後には寿子さんのアパートで同棲生活を始めます。(西田敏行さん24歳・寿子さん20歳)

 

この同棲生活をきっかけに寿子さんは劇団を辞めて、劇団員として下積み生活を送る西田敏行さんの為に仕事を始めます。

一方的に西田敏行さんからアプローチがあったとはいえ、自身も女優を志していた夢を捨ててまで西田敏行さんを支えることを選択するとは…そこまで夢中にさせる西田敏行さんの魅力が知りたいですね。

西田敏行さんの結婚

 


出典:cinemacafe.net

西田敏行さんと寿子さんが結婚したのは1974年のとき、当時西田敏行さんが27歳

その2年後の1976年7月には長女・彩夏(さやか)が誕生します。今まで同棲生活をしてきたアパートを引っ越し世田谷区の2kのアパートに引っ越しています。余談ですが家賃35,000円とか…


出典:my favorite topics

長女誕生の頃にTVのレギュラー出演も増え始め、ブレイクを果たします。1977年に『特捜最前線』に出演し、同年4000万円のマイホームを購入する勢いでした。

 

 

1978年には、自身の代表作でもある『西遊記』に出演。映画・ドラマ・歌手などとマルチに活躍し名俳優としての地位を築き上げていきます。


出典:youtube.com

西田敏行さんの活躍を信じて、下積み時代から自分の夢を捨て支え続ける決心をした寿子さん。下積み時代から共にして、この人は何か違うと先見の明を感じたのかもしれませんね。

西田敏行さんの苦難


出典:iza.ne.jp

西田の芸能生活は、病気やケガと闘いの日々だった――。

01年11月、西田は首の骨が変形し手足のしびれなどが起こる頸椎症性脊髄症を罹患。

03年3月には心筋梗塞で緊急入院し、生死の境をさまよう事態に。

近年も16年2月に、自宅ベッドから転落したことで首を痛め、頸椎亜脱臼に。その手術を4月に受けた直後、胆のう炎も発症していた。

西田敏行さん引退の噂

 


出典:yomiuri.co.jp

約19年間務めたレギュラー番組『探偵!ナイトスクープ』の司会降板を発表した西田敏行(71歳)さん。

これには芸能界やネット界隈での大変衝撃的な話題となりましたね。

 

収録後に行われた会見で、西田はその理由についてこう語っています。

「僕が局長をやりはじめて、たまたま感動して泣いてしまったことをきっかけに、どんどん依頼内容に感動系が増えていってね(中略)。軌道修正していかないとこの番組のコンセプトが薄れるという危惧があったので、ぼちぼち退くべきだなと……」

引用:女性自身

 

しかし、西田には降板した“別の理由”があるといいます。テレビ局関係者が語っています。

 

「西田さんはドラマの撮影中に動けなくなってうずくまってしまうなど、以前から深刻な体調不良が心配されています。長らくレギュラーを務めている『ドクターX』(テレビ朝日系)の最新シリーズの第1話では逮捕され、“退場”するような場面がありました」

「首のケガも完治していないようで、ふだんの生活では常に杖を使っており、歩くのも大変なようです。さらに最近では糖尿病の傾向もあるそうで、満身創痍の状態で仕事を続けてきました。一部からは『治療に専念するために芸能界を引退するのでは……』という声も聞こえています」(前出・テレビ局関係者)

引用:女性自身

 

そんな西田敏行さんを常にそばで支えてきたのが4歳年下の妻・寿子さん(67歳)

16年6月、胆のう摘出手術後にコルセット姿でリハビリに励む西田の車いすを押す寿子さんの姿がありました。


出典:entnews

西田さんが『探偵!ナイトスクープ』を降板するのは、深刻な体調不良が理由とも言われていますが?との質問に

「いやいや、全然そういうわけじゃないですよ。今日も主人はテレビの収録に行かせていただいていますから」

笑いながらやさしく答える寿子さん。


出典:kijitora-chan.com

西田敏行さんの“引退危機”について話について、寿子さんは力強い声でこう答えていたそうです。

そんなことはまったくないですよ。大丈夫。主人は、死ぬまできっと現役です。お仕事さえいただければ、続けていきたいと思っているんじゃないかしら」

どんな状況でも公私共に支える妻・寿子さんの言葉は非常に明るく、悲観的なことを感じさせない内容が素敵ですね。何十年と共に年を重ねてたことでの経験だからわかるのでしょう。

西田敏行の妻・寿子さんへの祈り

 


出典:blogs.yahoo.co.jp

劇団の研修生中の同棲をきっかけに、寿子さんは劇団を辞め、女優の夢も諦めました。

その後は下積み生活を送る西田さんを支えるために、アルバイトをいくつも掛け持ちしていたといいます。

74年に結婚しましたが、まだお金もなく新婚旅行にも行けなかったみたいです。

 


出典:女性自身

寿子さんの献身的なサポートもあって、一躍売れっ子俳優の仲間入りを果たした西田は、寿子さんに“提案”をしたことがあったそうです。

「2人の子宝に恵まれ、仕事も軌道に乗り出したころ、西田さんは寿子さんに『育児が一段落したら女優に戻ってもいいんだよ』と言いました。しかし、彼女はその申し出をきっぱりと断ったそうです。

西田さんの役者としての才能にほれ込んでいた寿子さんは、自分の夢を捨ててでも支える覚悟をしていたようです。彼女が『夫は生涯現役』と答えた陰には、『夫にはずっと役者を続けていてほしい』という願いがあるのでしょう」(前出・知人)

引用:女性自身

西田敏行さんが降板した背景には、45年間寄り添い続けてくれた“妻への感謝”もあったのでしょう。また、レギュラー番組を降板したことで、今まで以上に時間の余裕ができるはずですね。

 


出典:excite.co.jp

 

現在70歳を越えている西田敏行さんですから、

これからは苦労をかけてきた寿子さんとの時間を大切にしたいという思いもあったのではないでしょうか?

まだまだ現役で西田敏行さんの活躍を期待したいですが、まずはお体の回復をお祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)